遺伝子治療はがん細胞の特徴を封じ込める?

がん細胞には、正常細胞にはない、ある大きな特徴が二つあるのですが、それはなんだと思いますか?

一つはいつまでも生き続けて死なないこと、つまり「不死」であること。そしてもう一つは細胞分裂が止まず増え続けること、「増殖」です。

 

死なない細胞が無限に増え続けるって、なんだか怖いですよね。

事実、その不死の細胞は正常な細胞に必要な栄養を横取りし、自らを増やし続け、臓器や他の組織にまで広がり続けます。そうなってしまった身体がどのようになるかは想像するまでもないでしょう。

 

本来、正常な細胞には寿命があり、長くても半年くらいでその一生を終えます。それは遺伝子によってそのようにプログラムされているからなのですが、これをアポトーシスといいます。また遺伝子には、細胞分裂をして増やしなさいという指令と、その増殖を止める指令も出されるようになっています。

 

つまりがんという病気は、遺伝子異常によって起こる病気だといえるのです。この遺伝子が正常な状態になれば、がん細胞は正常な細胞に戻ったり、あるいは自死して、がんという病気は治るというのが遺伝子治療の考え方です。

 

遺伝子治療はまだ歴史が浅いため、医療従事者のなかでも正確な知識を持った人は少ないともいわれます。しかし今後のがん治療に大きな効果が期待できる治療法であることも事実なのです。

https://tenjin-cc.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>